読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル転送方式についてのメモ

今まで接続していた方式(SFTP)では突如接続できなくなり,代わりにSCPにしたら接続できるということがあった.
原因は不明だが,ちょうど接続方式について簡単に調べたのでここに書いておく.

まず,Windowsで利用されるファイル転送ソフトには,最も有名であろうFFFTPの他に,FileZillaWinSCPがある.*1 これらはそれぞれ以下の転送方式をサポートしている.

下に行くほどカバーしている通信方式が増えている.
それぞれの通信方式について簡単にまとめておく.

  • FTP(File Transfer Protocol): 最も単純な通信方式で,特に通信内容を暗号化していないので安全性は低い.
  • SFTP(SSH File Transfer Protocol): SSH接続の上でFTPをすることで,通信を暗号化してセキュリティを強化したもの.
  • FTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS): 通信を暗号化すること自体はSFTPと同じ.ただしこちらはFTPの通信内容をSSL/TCPで暗号化する.
  • SCP(Secure Copy): SFTPと同様に,SSH接続の上で通信をおこなうもの.ただし実際に使う上では,通信を途中で中断・再開できるかどうかなどの差があるらしい.

SCPは送受信両方側で対応している必要があるが,SFTPはそうでないということ.なぜ今回SFTPで接続できずSCPで接続できたか定かではないが,とりあえず参考になったのでよしとしよう.

参考ページ

*1:ちなみに,私は最初はFFFTPを利用していたが,開発が停止(現在は有志による開発が続いている)したのを機にFileZillaへ移行,その後2段階接続(トンネリング)ができないのでWinSCPへ移行した.